忍者ブログ
曼珠沙華腰巻の美術世界
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


長崎アンデパンダン展1月7日~12日長崎県美術館1F・C室
タイトル:私が生まれた町〈お糸地獄)300X100x50(cm)
長崎県美術館の空気穴口を利用して赤い布(腰巻)が揺れるように仕掛けた。
腰巻は大きく膨らんで、その上の繻子の赤い腰巻がゆらゆら揺れました。
お糸さんの悲しい思い(踏み絵を踏めなかった信念・信仰を捨てられない強い力)が、赤い腰巻赤い血となり流れ出したように思れてきた。その地獄の熱さを思うと身が斬られる思いだ。
  幼くて、小さい身体はその場に立つと、怖くて足がすくんだものだった。
時代は流れて
『小学生から中学・高校まで遠足で行った場所・毎年ツツジを見た場所・家族が集まり憩う場所』
 

  だけど・・・惨劇があった町・・その町が私が生まれた町(村)でもある。
PR
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
忍者ブログ [PR]