忍者ブログ
曼珠沙華腰巻の美術世界
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

和田千秋さんおHPから。
内藤修子展

1225:和田千秋 (2013年10月04日 (金) 18時52分)

長崎在住の作家・内藤修子さんの個展(於:アートスペース獏、6日迄)。

サブタイトルは「昭和哀燐・花嫁の数程喪服は在る」というもの。婚礼衣装や喪服を着た、等身大の人形などからなるインスタレーション。

サブタイトルからすると、家父長制からなる、家制度に嫁いだ昭和の女性の哀しみをテーマにした作品なのだろう。しかし政治的なテーマとは違って、受ける印象はどろどろとしたもので、例えば山下菊二のような、土着的、民話的なシュールレアリズムといった感じがした。

山下菊二が晩年に、狭山事件や昭和天皇をテーマとして扱ったように、シュールと政治性は分離したものではない。内藤さんの作品の本質も、こちらの方にあるのではなかろうか。
PR
カレンダー
01 2020/02 03
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
忍者ブログ [PR]