忍者ブログ
曼珠沙華腰巻の美術世界
 
tp://www.youtube.com/watch?v=OQV5rSwrA58
アートフェス出品作品
タイトル:「昭和哀燐」150×50×20(cm)
骨壺:長与陶芸館で作る
大和鋸;実家
流木:三重樫山の海岸
蓮・花はベトナムの川の藻
人形:絣の人形を10体作る
骨壺の中は米

タイトルの説明:昭和の物体・生きる者が死に行く者を思う時、限りなく私的な「仏壇」に近いようにも思う。
哀しく・かなしく・あわれで・それでも、燐のように魂はポッと光を放し輝いて亡くなるものかもしれない。
燐は人間の骨が燃えるときに一瞬光り。生きてる証を見せてくれるようだ。

真っ黒な南瓜に日の丸
原爆落下は夏の真っ盛り・畑には真っ黒な南瓜が転がっていたと聞いた。
それが米の上に在る・・・それでも命がある限り、食べて・食べて・生きなくてはならない。
PR
カレンダー
12 2020/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
バーコード
ブログ内検索
最古記事
アクセス解析
忍者ブログ [PR]